いくらまでなら借りられる??

いくらまでなら借りても良いの??

  • 『私たちはいくらまでなら借りても良いの??』
  • 『いくらまでなら借りれるの??』

という事は、家づくりを考えるタイミングで誰しもが気になる項目ではないでしょうか?

そこで、

今回と次回で、この二つの話を少しまとめたものをご紹介してみたいと思います。

いくらまでなら借りられる??

先ずは、いくらまでなら借りられるのか?

この問題を解決して行きましょう!

“いくらまでなら借りられる??”という疑問を解決するために、必要な知識として、

先ずは、借入希望をされる銀行さんの返済比率というのを見て頂ければと思っております。

返済比率とは、

返済比率 = 一年間で支払う住宅ローンの合計 ÷ 年収

です。

例えば、

Aさんは、年収500万円で、3000万円(元利均等)の住宅ローンを35年、金利1%で借りるとします。

結果としては、年間の返済額は102万円弱になり、(月々の返済額:84,686円×12ヶ月)返済比率は、20%強となる計算ですね。

返済比率の上限は各銀行さんが決めていていますが、多くの場合は

  • 年収300万円未満の方は、30%以下
  • 年収300万円以上~500万円未満の方は、35%
  • 年収500万円以上の方は、40%

ぐらいの感覚で取り決めがとなっています。

細かい%は、各銀行さんのHPを見て頂ければ、

“○○銀行 住宅ローン 返済比率”

などで検索して頂ければ出てくるかと思います。

その上で、

例えば、

A銀行では上限が○○○○万円、B銀行は金利がA銀行よりも高いけど、+300万円まで借りれる!

などの判断が出来ていく話となります。

あくまで、上限の価格を考える時の参考にして頂きたい話ですね。

返済比率

いくらまでなら借りても良いの??

そこで、この話です。

いくらまでなら家づくりにお金を使っていいの??

ですが、

ここに関しては、インターネットで検索すれば、いくらでも色々な話が書いてます。

例えば、

  • 年収の5倍ぐらいまでならゆとりのある返済が出来る!
  • どんな方でも年収の30%までに抑えよう!
  • 現在の家賃までの返済額に!

などですね。

ここら辺は、一般論として言うのであれば、間違っていない数値になっていますし、家づくり教室というブログでも同じような話をしています。

ですが、

本当の意味を考えると、“○○だったら大丈夫”というのは、簡単に言えない話。

各ご家族で、

  • 生活に必要なお金はそれぞれ違います。
  • 将来設計も違います。
  • 老後に必要なお金も違えば
  • 生活環境によっても物価の違う。

という事で、

本当に安心して

“いくらまで??”を考えるには、

家族毎にヒアリングをして、具体的なお金を把握していく必要があります。

因みに、

“いくらまでな借りても良いの??”

が最初で明確になってると、その後の家づくりの打合せを非常にスムーズに進める事が出来ますし、色々な対応も可能になってきます。

【STEP0|お金の話:関連記事】

関連記事1:いくらまでなら借りても良いの??

関連記事2:家づくりの初めにFP診断をしよう!FP相談を受けよう!!

関連記事3:家にかかる費用を把握しよう!本体工事

関連記事4:家にかかる費用を把握しよう!諸費用

関連記事5:いくら必要??家に必要な自己資金は??

関連記事6:日本の家はいくらで出来る??~統計からみる日本の家の平均価格~

関連記事7:金利1%の恐怖

 

家づくり教室ブログへ 7日間のメルマガはこちら 施工事例ページへ 間取りページへ お客様の声 インタビュー よくある質問 家づくり相談説明ページ お金に関する事 家づくりって 土地探しから 建替え&リノベ お金の悩みへ 会社を探すなら インテリア TOPページへ 有料の間取り相談はこちら

Copyright © 2012-2013 Rebro at home inc. All Rights Reserved.

建築家・工務店をお探しならリブロにお任せ

家を建てる!ネットで建築を学ぶ、比較するならRebro at home

●あなたの理想の家を建てる建築会社をセレクトしてご紹介!名古屋・愛知周辺で注文住宅・リノベーションをお考えの方は是非一度無料相談カウンターへ相談に来てください。

●名古屋市、愛知、海部郡、一宮市、犬山市、岩倉市、小牧市、日進市、尾張旭市、安城市、、刈谷市、みよし市、長久手市、知立市、豊田市、岡崎市、西尾市、蒲郡市、豊橋市、豊川市、新城市、岐阜、三重、静岡で工務店、建築家を探すならリブロアットホーム

●間取りや価格チェックまで