日本の家はいくら?

日本の家はいくらで出来る??

ここでは、少し統計データをご紹介してみたいと思います。

解り易く統計データを公開しているのが、引っ越し侍さんのサイトにありましたので、先ずはご紹介です。

https://hikkoshizamurai.jp/press/press009/

ここら辺のデータは、国土交通省のデータを見ても、似ているように思いますので、調査数は少ないかもしれませんが、平均的な価格観と言えるのではないでしょうか。

平均的に住宅取得にかかる費用の総額として、

建物の種類や世帯年収で区別せず、全体で見た場合、『2,501〜3,000万円』が21%と最も多くなりました。2番目に多かったのは、18%の『3,001〜3,500万円』、3番目に多かったのは、14%の『2,001〜2,500万円』と『3,501〜4,000万円』という結果になっています。

参照:引っ越し侍サイト:マイホームの購入金額は?気になる『世帯年収』ごとの平均金額も大公開!

お考え頂ければと思います。

みんなどんな家をつくってる?

次に、

家の価格の話ではないのですが、

どんな家づくりをしてるか?

の統計データがあり参考にして頂けるので、併せて載せておきたいと思います。

http://www.jhf.go.jp/files/300262457.pdf

*住宅金融支援機構の統計データ

これを見て頂くと、

家づくりで、こだわりたいポイントに何を重視しているのか?

が解ります。

結果を見てみると、

  • 1.住宅の性能
  • 2.立地
  • 3.デザイン

の3つが家づくりにおいてこだわりたい部分だそうです。

立地に関しては建売だったり、建築条件付きの土地の話かと思いますので、家の価格観に関連してこない話でもありますが、

住宅の性能やデザインに関しては、価格観に影響が出てくる話ですね。

特に、みんなが一番気にしている住宅性能に関しては、

  • 1.高耐久
  • 2.耐震性・耐火性
  • 3.省エネルギー性

という事で、ここら辺をしっかりと解決しようとすると

■ 高耐久

→構造体、外壁性能などを選ぶ

■ 耐震性・耐火性

→構造体、外壁性能などを選ぶ

■ 省エネルギー

→断熱材やサッシ(断熱)や施工品質(気密)や換気システムなどを考える必要がありますね。

デザイン

という事で、

ここら辺を全部満たす事を考えると、上記の平均金額ぐらいの家づくりが必要になるのかもしれませんね。

最後は少し関連知識となりますが、家のお金を考える際に、参考になるかと思っておりますので、もし良ければご参考ください。

【STEP0|お金の話:関連記事】

関連記事1:いくらまでなら借りても良いの??

関連記事2:家づくりの初めにFP診断をしよう!FP相談を受けよう!!

関連記事3:家にかかる費用を把握しよう!本体工事

関連記事4:家にかかる費用を把握しよう!諸費用

関連記事5:いくら必要??家に必要な自己資金は??

関連記事6:日本の家はいくらで出来る??~統計からみる日本の家の平均価格~

関連記事7:金利1%の恐怖


家づくり教室ブログへ 7日間のメルマガはこちら 施工事例ページへ 間取りページへ お客様の声 インタビュー よくある質問 家づくり相談説明ページ 家づくり相談はこちら お金に関する事 家づくりって 土地探しから 建替え&リノベ お金の悩みへ 会社を探すなら インテリア TOPページへ

Copyright © 2012-2013 Rebro at home inc. All Rights Reserved.

建築家・工務店をお探しならリブロにお任せ

家を建てる!ネットで建築を学ぶ、比較するならRebro at home

●あなたの理想の家を建てる建築会社をセレクトしてご紹介!名古屋・愛知周辺で注文住宅・リノベーションをお考えの方は是非一度無料相談カウンターへ相談に来てください。

●名古屋市、愛知、海部郡、一宮市、犬山市、岩倉市、小牧市、日進市、尾張旭市、安城市、、刈谷市、みよし市、長久手市、知立市、豊田市、岡崎市、西尾市、蒲郡市、豊橋市、豊川市、新城市、岐阜、三重、静岡で工務店、建築家を探すならリブロアットホーム

●間取りや価格チェックまで